会社概要
はじめに
レーザーターンテーブル
関連商品
試聴方法
購入方法
アフターサービス
開発ヒストリー
会社概要
リンク集
資料請求・お問い合わせ

HOME>会社概要

会社概要
社名 株式会社エルプ  ELP CORPORATION(英語名)
設立 平成9年(1997年)
資本金 7,320万円 
主要株主 (株)ウェル他49名
代表取締役 千葉三樹(米国GE社グループ元副社長)
所在地 〒336-0017 
埼玉県さいたま市南区南浦和3-10-1
TEL:048-883-8502  FAX:048-883-8503  
>>地図
取引銀行 埼玉りそな銀行(浦和中央支店)
三菱東京UFJ(南浦和支店)
武蔵野銀行(浦和支店)

主な納入先 
国立劇場 国立文楽劇場 国立民族学博物館
国立文化財研究所 都立東京文化会館 国立国会図書館(東京)
東京外国語大学 京都外国語大学 金沢工業大学
武蔵野音楽大学 沖縄県立芸術大学 早稲田大学
慶応義塾大学 NHK 北海道新冠町
市立岡山図書館 群馬県立図書館 高松市立図書館
横浜中央図書館 岐阜県図書館 岡崎市視聴覚ライブラリー
野村胡堂・あらえびす記念館 福岡市新図書館 総和町生涯学習センター
盛岡市都南図書館 古賀政男音楽博物館 作陽音楽大学
宮城県立図書館 カナダ国立図書館(オタワ市) 国会図書館(米国)
香港放送局 メキシコ国営放送局 スペイン国営放送局
テイチクレコード 倉敷図書館 他公共施設

及び スティービー・ワンダー、キース・ジャレットをはじめとする国内外のレコード愛好家の方々

 
事業沿革 
1972年 日本国内における初の外資100%のオーディオ・メーカーとして、(株)BSRジャパン(英国BSR社の出資)設立。高級オーディオ・プレーヤーからオート・プレーヤーまでのレコード・プレーヤーを中心に生産、販売を開始。 [この頃、LPレコードが日本国内に多く出回り始める]
1975年 米国のオーディオ・メーカーADC社の製品のうち、カートリッジ、交換針及びトーンアームを取扱い、営業品目を拡大。 [LPレコードの全盛期]
1980年 米国dbx社の製品を取扱い、製品企画、生産販売を行う。並びに国内メーカー各社に、dbx社製品の核をなすデバイスを供給。 dbx方式のノイズ・リダクション回路使用のライセンス業務を開始。 [プロ用、民生用のオーディオ機器の特性が飛躍的に進歩。ソフト・ハードともに国内市場の充実期]
1988年 (株)BSRジャパンから(株)CTIジャパンに社名変更。
1989年 世界中の技術者から注目を浴びていた革新的な光学式アナログ・レコード・プレーヤー「レーザー・ターンテーブル」の全権利を米国FINIAL社より取得。営業品目の1つとして開発・生産・販売を開始。
1990年 (株)CTIジャパンから(株)エルプに社名変更。
1997年 (株)エルプから(株)ウェルに社名変更。 (株)ウェルの子会社として新(株)エルプ設立。
  ▲このページのトップへ